男性の一人暮らしにお勧めな「池袋」

男性の一人暮らしにお勧めな「池袋」

一人暮らしをする場合には、いろいろな秘訣(ひけつ)があります。
今回は【一人暮らしの賃貸不動産物件は何件程度を見たらいいのか?
と男性の一人暮らしにお勧めな「池袋」】
をご紹介しています。
 
  • 一人暮らしの部屋を探す場合には何件程度内覧するのがいいのか?
 
初めて一人暮らしをする場合には不安がいっぱいです。
答えとしては、気に入った部屋が見つかるまでですから、特に何軒という決まりはありません。
それでは、話が終わってしまいます。
目安として……ということで話をすすめます。
 
不動産屋さんでは見たい賃貸物件があれば、いくつでも見せてもらえます。
遠慮することはありません。見せることを渋る素振りを見せる不動産会社ならば利用しないほうがいいです。
別の不動産会社をあたりましょう。
 
  • もしも、条件にあった不動産物件があれば即決できますか?
 
これによって不動産物件を見る数も違ってくるでしょう。
即決できるタイプもいますし、迷ってしまって決断できない人もいるのです。
即決できない人は迷います。だから、いくつでも見てしまうことになります。
何故決められないのでしょうか?
 
  • 気に入った不動産物件があっても即決できない人へのアドバイス
 
不動産会社のセールスパターンにはある程度のセオリー的なものがあります。
具体的には部屋は3件見せて決めることです。3件に絞っておけば、迷うことなく決められるからです。
ですが、不動産会社のセオリー通り消費者が従うことはありません。
 
お勧めするのは5件程度を見ることです。きっちりみて比較するならば5件は必要です。
5件見ると気に入った部屋と気に入らない部屋がはっきりと記憶できます。

たとえ迷った場合でも、「どれか」ではなく「どちらか」程度の迷いでしょう。だからスムーズに決めることができるのです。
 
注意しなければならないのは「もっと、良い部屋があるのではないか」と思ってしまうことです。
これになると何軒見ても決まりません。
結局のところ、最初にみた部屋が良かった……なんてことになるのです。
 
  • 決断力のある「即決できる」あなたへのアドバイス
 
即決できるのですから迷うことはありません。ですから何件見てもよさそうに思います。
しかし、こだわりが強い人は注意したほうがいいでしょう。
こだわりが強い人ほど「もっと良い部屋があるのでは?」と探し続けてしまいます。
こうなると即決できるタイプであっても、いつまでも決めることができません。
つまり、即決できるタイプではないのです。迷ってしまって決めることができないのです。
 
こだわりがあるならば賃貸物件ではなくて自分でデザインして注文建築をオーダーするといいでしょう
即決できるタイプでも目安としては5件から10件でしょう。
これ以上見ても変わることはありません。感覚が麻痺してきます。
どれも同じように見て判断できなくなります。
 
  • 一人暮らしの部屋探しで注意したいことがあります。
 
それは、自分が支払っていける家賃よりも高い水準の賃貸物件を見ることです。
不動産会社のセールスマンは少しでも家賃が高い物件の契約を目指します。
そのほうが儲かるからです。たとえば「2,000円程度ならば少し節約すれば捻出できますよ」という悪魔のフレーズです。
こういった提案があっても、絶対に見るべきではないです。
 
冷静に考えて見てください。家賃が高くなれば当然として条件が良い賃貸物件になります。
一度見てしまうと気に入ってしまう可能性があります。
そうなると無理して家賃を払う契約になってしまうのです。
支払いに苦しむのはお客さまであって不動産会社は関係ありません。儲けが多くなるだけです。
 
不動産会社の営業マンは決めさせようとして、家賃が高くても敢えて条件が悪い物件を見せることもあります。
「家賃を上げても、良い条件とは限りませんから……」という風に持ってゆくのです。

水商売 賃貸

千葉 一人暮らし